いじり防止対策

いじり防止というとトルクスのタンパープルーフが幅広く使われています。

ただし、トルクスのタンパープルーフにはいくつかの懸念点があります。

  • サイズが小さいと作れない

  • サイズが小さいと中央のピンが簡単に折れてしまい、いじり防止の役割を

  果たさなかったり、折れたピンが組立製品内部に入ってしまう可能性がある

  • 専用工具がホームセンターなどで簡単に入手出来てしまう

いじり防止対策は、一般的に普及している

  • マイナスビット

  • プラスビット(十字)

  • 六角ビット

  • トルクスビット

が使用できないことが前提となりますが、十字やトルクスのような羽の枚数が偶数の

​ものはこれらのビットが入ってしまいます。

そこで弊社では以下の3タイプを推奨しています。

①三ツ矢(MicroStix

MicroStix.jpg

​②五溝(5ULRまたは5LR)

5ULR.jpg

​③凸型(LHStix)

LH.jpg

3つすべて専用工具が締結には必要になります。

​ホームセンター等では入手出来ません。

​ねじ及び工具の具体的なお見積り、お問合せは下記”お問合せ”ボタンをクリックください。