EVO PT③.jpg

​更に進化した熱可塑性樹脂用タッピングねじ

1.製品特性
独特のねじ山形状と生体工学から着想を得た谷部形状、自己軌道補正機能を有した先端ガイドによりDELTA PTの長所を引き継ぎながら更に進化した、新しい熱可塑性樹脂用タッピングねじです。

2.製品特徴








 

EVO PTねじ山角度.jpg
EVO PT谷形状.jpg
EVO PTガイド形状.jpg
​直進性を考慮した先端ガイド形状
​最適化されたねじ山形状
生体工学から着想を得た谷形状
​DELTA PTより太い軸径

3.製品性能
1)低いねじ込みトルク
  破壊トルクとの差が大きくなり、締付可能トルク領域が広い
  ねじの長さやサイズ違い、ワークの条件違いでも共通トルクでの締付管理が可能
​  ねじのサイズ統一によるコストダウンが可能

EVO PTトルク波形比較.jpg

2)リードイン・スレッド
  独特な先端部のねじ山がねじの倒れを防止。高い直進性を実現
  ねじが軌道を補正してくれる自己軌道補正機能

3)設計支援
  「EVO CALC」シミュレーションプログラムによりDELTA CALC同様にボス最適
  設計等の従来の機能はもちろんのこと、ヒートサイクルによる残留軸力の変化も
  
シミュレーション可能(ー40℃~140℃ ※材料による)
​  ねじ選定に要する時間や労力、コストの大幅削減を実現!

EVO CALC②.jpg
EVO CALC③.jpg

4.製品仕様
<材料>
・SWRCH
・SUSXM7(SUS304系)
・SUS410
・ボロン鋼

<リセス>
・十字
・トルクス、トルクスプラス
​・OSP社特許リセス他

EVO CALC④.jpg

※JIS規格の頭部はもちろん、カスタマイズも可能です。
​※サイズはφ3.0~展開(2021年9月現在)