ビットによる鍍金・塗装剥がれ

製品の外観で使われる黒い鍍金や塗装がされたねじ。

そのねじでよくある相談が、

「鍍金が剥がれて、ねじの素地が出てしまう」

「黒ニッケルは剥がれづらいが外観に使うには色が薄い」

「ねじ頭部に塗装もしているが、それでも剥がれてしまう」

などです。

対策として2つご紹介します。

1.外観用表面処理 Fixde-Calor

まず、外観で一番多く使われている三価黒色クロメートは、

  • 亜鉛下地

  • クロメート皮膜

  • 色味安定剤(トップコート)

の三層から構成されています。

ただし、色味安定剤はほとんど層としては存在しないような

ものなのでクロメート皮膜がむき出しの状態です。

また、このクロメート皮膜自体も1μもありません。

その為、ドライバービットなどでクロメート皮膜が傷ついてしまうとすぐに銀色の亜鉛

下地や、その下のねじの素地が表に出てしまい、黒い製品に締まっていると目立ってしまいます。

その対策として一般的に使われているのが、ねじの頭部塗装です。

三価黒色クロメートの上に樹脂の塗装をすることでクロメート皮膜をドライバービットなどによる影響から保護する目的だけでなく、色味や艶の統一感を出せるという理由で採用されています。

しかし、樹脂の為柔らかく、膜厚が厚いのでドライバービットを挿した際に剥がれやすいのが欠点です。

そこでご提案したいのが、Fixde-Calor(黒色高ニッケル亜鉛合金+FCコート)

という外観用表面処理です。

Fixde-Calorは、下地を高ニッケル亜鉛合金にし、

クロメート皮膜の上にFCコートと呼ばれる二層の

高防錆・高耐食の性能を有した表面処理から構成

される新しい外観用黒色表面処理です。

この鍍金の優れた点は、

  • FCコート自体に自己修復機能がある

  • FCコートでクロメート皮膜が保護されている為

  三価黒色クロメートより剥がれにくい

  • 高防錆効果がある

(例、三価黒色クロメート 約78時間で白錆発生。 Fixde-Calorは約500時間)

2.特殊十字リセス GRC

​ドライバービットにより鍍金や塗装が剥がれやすいのは、ドライバービットとねじを嵌合させる際と、締め終わった後にドライバービットを引き抜く際です。

ドライバービットとねじを嵌合させる際、ドライバーを回転させながら嵌合させるので、どうしても十字同士がスムーズに噛み合わない場合、ドライバービットが十字穴の周辺の鍍金を削ってしまい、鍍金が剥がれてしまいます。

 

ビットによる鍍金・塗装剥がれのご相談は、以下のボタンよりご相談ください。

<嵌合させる際>

ねじを締めた際、ドライバーの

傾きによりビットがねじの駆動部

入口部分にぶつかる。

ビットを抜く際、鍍金や塗装が

​剥がれてしまう。

GRCは、駆動部入口

に特殊加工をした

​ねじで、

ねじを締めた際のドライバーの

傾きによるビットとねじの駆動部入口部分の衝突を防ぐので、

ビットを抜く際に鍍金や塗装

​が剥がれない。

<ドライバービットを引き抜く際>

<GRC>